「en」と「comfy」で
「encomfy」エンコンフィー。

enは丸いカタチの円と、人と人を繋ぐご縁、
comfyは英語で快適な、心地よい、
などの意味があります。

わたしの描く神聖幾何学ハレアートが
コンパスを使い円を重ねて描くアートということ、
人と人とのご縁を大切に
共に過ごす時間が心地よいと感じていただける
癒しの場になれたらいいなという想いから、

この名前になりました。

講座紹介

  • 体験講座

    初めての方や絵が苦手な方でも気軽に楽しんでいただける2時間講座。シードオブライフという形を描きます。
  • ベーシックコース

    2日間かけて神聖幾何学アートの基礎を学ぶ講座。神聖幾何学模様の図柄3種を描いたり、テキストで色や形についても学びます。
  • アドバンスコース

    2日間かけて神聖幾何学アートをさらに深く学ぶ講座。立体模型作成やラインストーン貼りなど、盛りだくさんの内容です。

ハレアートとは


日本ハレアートクラブ代表ありのまみ氏が創始者として始められた、コンパスとゲルインキボールペンを使い描く神聖幾何学アート。Happy Reading Art(ハッピーリーディングアート)を略してハレアートです。

コンパスで円を描き、直感で色を選んで描き進めていくことで、波動がアップしたり、幸福感や自己肯定感が高まったり。また、心を落ち着かせ集中して描くことで瞑想と同じ感覚になり、その時々で違う気づきが得られます。
ハレアートは、ご自身をどんどん輝かせてくれる、そして自分で自分を癒すことのできる素晴らしいツールです。

神聖幾何学とは


比率、数列、対称性などを用いて神秘的で調和の取れた形を生み出す幾何学模様。生命の根源や宇宙の森羅万象を表すとされ、完全なる調和と無条件の愛の象徴ともいわれています。
全ての自然法則は神聖幾何学で、代表的なもので言うと、雪の結晶、植物の花びらや葉などに見られます。神聖幾何学のカタチを見て、なぜか心に響いたり心地よいと感じるのも、自然の一部であるわたし達にとって当然のことなのかもしれませんね。

ありのまみ氏が大天使ラジエルから言われた「神聖幾何学」の意味は、「古代叡智を開く鍵」でした。それは文字通りの古代の叡智もありますが、私たち自身の前世から得た叡智も含まれているそう。だた私たちはそれを覚えていない。その眠っている知識の扉を開く鍵でもあるとのことです。